みく太LIFE

日々の感じたこと・経験したことを発信しています

「中型免許」取得を目指して再び自動車学校へ!【費用・期間・教習内容】

f:id:mikuta0904:20200929154414j:plain

先日から約7年ぶりに再び自動車学校に通い始めました!

また自動車学校に通い始めたと言うと「えっ?免許取り消しになった?」などと言われそうな感じですが、今現在も無事故無違反のゴールド免許です(笑)

なぜ、また自動車学校に通い始めたかと言うと

「中型免許」を取得したい!

と思い、決断しました。

本日は

 

中型免許とは?

まず自動車には大きく4つの区分があり、それぞれ車両総重量・最大積載量・乗員定員によって分類されます。

  • 普通自動車
  • 準中型自動車
  • 中型自動車
  • 大型自動車

になります。

運転免許証を取得する際には初めに「普通自動車」の免許を取得します。

尚、免許証内に記載があるように普通自動車の免許証を取得すると、準中型自動車も運転できるようになります。

準中型自動車とは主に5t以下のトラックのことを言います。

今回僕が取得を目指す「中型免許」はそれ以上の大きさ・人数の自動車を運転する際に必要になります。

中型免許を取得して乗れる車種として

 

マイクロバス(定員29名以下)

f:id:mikuta0904:20200929151822j:plain

 

トラック(4tトラック)

f:id:mikuta0904:20200929151832j:plain

が挙げられます。

僕は仕事柄マイクロバスを使う機会があるので、今後の仕事の為にも今のうちに取得しておこうと考え中型免許取得を目指しだしました。

 

中型免許の取得方法は?

基本的には普通自動車免許を取得する時と同じように

  1. 自動車学校へ入校
  2. コース内で練習(5時間)
  3. 仮免試験
  4. 路上コースで練習(6時間)
  5. 卒検試験
  6. 中型免許取得

という流れになります。

普通自動車の時と異なる点は

  • 学科試験がない
  • 学科教習は1時間のみ
  • 乗る時間が少ない

という部分です。

パッと見ると「なんだかすぐ取れそう」と思うような行程です。

時期によっては最短期間で取得できる可能性もあります。

しかし、裏を返せば教習時間が短い分、早く運転に慣れ試験に挑んでいかないといけません。

また、自動車学校に通わずに試験を受ける「一発試験」という方法もあります。

しかし、教習が無い分1回での合格率は約20%となっています。

 

気になる費用は?

免許を取得する際に1番気になるのは費用に関してかと思います。

僕の場合は普通運転免許証(MT)+5トン限定準中型免許なので入校の際に

約140,000円

支払いました。

普通自動車免許証をAT限定で取っている人の場合は若干高くなり約200,000円くらいとのことです。

また、泊りがけで短期間で免許取得を目指す”合宿免許”の場合は少し費用を抑えることが可能です。

ちなみに決められた教習時間内よりオーバーした場合(乗り越し)は、普通車よりも料金が高く1回約6,000円かかるのでご注意を!

 

実際に運転してみると・・・

いよいよ自動車学校初日を迎えました!

久々の自動車学校の教習は不安とワクワクが混ざったような気分でした。

(7年前の時は「自動車学校には2度と来たくない!」と思うほどでした笑)

尚、中型免許の教習車はトラックになります。(初トラック!)

まず初めに教官が運転しながら車校内のコースを周ります。

が・・・

こんなに大変だったけ??

と思うほどやること・覚えることが多すぎでした(笑)

懐かしの

「白線を踏まない!」

「後方確認する!」

「線路では窓を開ける!」

「左側によせる!」

と聞くと”ああ。車校だ・・・。”となりました(笑)

コースを周ったあとは早速自分で運転をします。

MTに関してはちょくちょく乗っていたので不安はありませんが、車体の大きさ・ブレーキの利き具合・確認の多さでハラハラしました。

運転は好きなのでいつも乗っており、技術的な面も自信はありましたがなかなか白線を踏まないとか改めて意識すると難しいなと感じました。

初日はこんな具合であっという間に1時間の教習が終了しました。

 

中型免許を取得するメリット

僕が考える中型免許を取得するメリットとしては

  • 仕事に生かせる
  • 資格の1つになる
  • プライベートでも役立つ

だと思います。

1番は仕事に生かせるという点だと思います。

もちろん中型免許の上の「大型免許」を取得していた方が良いですが、中型免許でも乗れる車種の種類が増え、仕事転職に生かすことができます。

また、中型免許を持っていても直接関係のない業種でも資格欄に資格の1つとして記載することができます。

さらに滅多にないかとは思いますが、団体(スポーツチーム・大人数の集まり等)での移動の際に運転手としてプライベートでも役立つ機会があるのではないでしょうか。

 

今回は現在僕が取得を目指している「中型免許」について紹介しました。

慣れない車種での運転ですが、集中して1発で免許取得を目指したいと思います!