みく太LIFE

日々の感じたこと・経験したことを発信しています

20代だけど山下達郎師匠の魅力について語らせてください!【祝 ライブ映像配信記念】

 本日嬉しいニュースが飛び込んできました!

日本の音楽業界で”生きるレジェンド”とも言える山下達郎さん(以下敬称略)がキャリア45年にして初の自身のライブ映像を配信することが発表されました。

山下達郎と言えばライブ回数自体は多いものの、現在までにライブの映像作品は発売されておらず、過去に映画館で上映されたことがあるのみで山下達郎のライブは実際に行かないと見れないという状態でした。

その為、今なお全国ツアーを開催すればほぼ全公演ソールドアウトになるほどの大盛況ぶりを維持しています。

僕は1994年生まれの25歳ですが、父親の影響で山下達郎の大ファンです!

2017年・2018年と実際にライブにも行きました!

そこで感じた山下達郎の魅力を20代ならではの視点で紹介したいと思います!

 

① 山下達郎とはどんな人?

f:id:mikuta0904:20200710125612j:plain

山下達郎は1953年生まれの現在67歳になります。

元々はバンド”シュガー・ベイブ”のメンバーとしてデビュー(アルバム「SONGS」は名盤です!)を果たし、バンド解散後にソロミュージシャンとして活動を始め、夏の名曲「RIDE ON TIME」や、もはや国民的クリスマスソングとも言える「クリスマス・イブ」などの多数のヒット曲を世に送り出しています。

他にも作曲家としてのヒット曲も多数あり、中でもKinKi kidsのデビュー曲「硝子の少年」などは幅広い年代から愛される楽曲となっています。

また、山下達郎を語るうえで欠かせないのは奥様竹内まりやさん(以下敬称略)の存在です。

竹内まりやも昨年デビュー40周年を迎え、メディア露出やライブの回数(全国ツアーはたったの3回!?)が少ないものの変わらず高いに人気を得ています。

結婚後の作品のほとんどを山下達郎がプロデュースしており、「純愛ラプソディー」「カムフラージュ」などのヒット曲を夫婦二人三脚で生み出しています。

このようにざっと概要ですが、山下達郎が残してきた功績は多く、今なお日本の音楽シーンの代表的な存在であります。

 

② 山下達郎の魅力とは?

f:id:mikuta0904:20200710125632j:plain

山下達郎の魅力は”ライブの凄さ”に尽きます!

ライブが”良い”ではなく”凄い”いんです!

ここからは実際にライブに行った時の感想を交えながら山下達郎の魅力について語っていきたいと思います。

山下達郎は武道館やアリーナなどの大規模会場ではライブはしないと公言しています。

その為、ホール規模の会場での開催となります。

ライブに訪れる客層としては山下達郎と同年代の方々がメインですが、中には自分のような20代・30代の姿も見えました。

ライブは照明が落ちると座った状態の観客の拍手にて本人がステージに登場します。

幸運にも2017年・2018年のツアーの1曲目は僕が大好きな曲「SPARKLE」にて始まったのでかなりテンションが上がったことを覚えています!(笑)

また、途中のMCの内容も20代の自分からしてもおもしろいものでした。

さすが、長年「山下達郎のサンデーソングブック」というラジオ番組をされているのでトークもうまいです!

ライブの中盤には「アカペラ」で歌うコーナーもあり、山下達郎の力強くも繊細な歌声を堪能できる贅沢な時間です。

さらに中盤ではクリスマスの名曲「クリスマス・イブ」を披露されました。

数あるクリスマスソングの中でも特にお気に入りのこの曲。

クリスマスの楽しい面ではなく、イブの日に訪れない彼女への思いを歌った少し悲しみも含むのがこの曲の魅力です。

ライブで生で聴くと「素晴らしい!」の一言に尽きます。

ライブの終盤からアンコールに入ってからは観客も立ち上がり盛り上がる曲が続きます。

80年代のアイドル近藤真彦(通称マッチ)の「ハイティーンブギ」などは皆さん大盛り上がりでした!

この時のライブの最後は名曲「YOUR EYES」で締めくくりされました。

最後はマイクを持たずに地声で熱唱をします。

これが山下達郎の1番の凄さ・魅力になります。

還暦を過ぎているとは思えない力強い歌声。

生で聴くと身体にダイレクトに歌声の凄さが伝わってきます。

最近は「以前よりも声が出るようになってきた」とご自身が言う理由も納得です。

それにはもって生まれた天性の才能と、絶え間ない努力の証拠だと思います。

 

③ 若い世代も山下達郎の名曲に触れてほしい理由

自分と同年代(20代)に「山下達郎」について聞くと、

「あのクリスマスの曲は好きー」

「世代じゃないからあまり聴いたことないな」

という反応が大半です。

僕はぜひ山下達郎の名曲に耳を傾けてほしいと思っています!

近年は音楽への価値観・必要性が時代とともに変化しています。

もちろん今の時代にも素晴らしい楽曲はあふれています。

しかし、山下達郎の曲には「なんだか懐かしくも新しい」と感じる要素があると思っています。

本当に純粋にいい曲なんです。

純粋にいい曲に理由は不要かと思います。

なにか感じ取れるものがあると思っています。

本当は実際にライブに行って肌で山下達郎の魅力を感じ取ってほしいのが本望ですが、このご時世の状況を踏まえてもなかなか難しいのが現実です。

ぜひこのライブ映像が配信されるタイミングで、映像だけでなく音源を聴いてでもよいので”山下達郎師匠”の音楽に触れてほしいなと思います。

 

 

検索結果

ウェブ検索結果KinKi Kids