みく太LIFE

日々の感じたこと・経験したことを発信しています

自動車税を"PayPay”で払ってみました!【本当にお得?】

f:id:mikuta0904:20200507180922j:plain

5月に入り、自家用車を保有している人に取って年に一度の出費の時期になりました!

そう ”自動車税”です!

自動車税の金額は車種・用途・排気量などの要件によって異なりますが、軽自動車でも自家用なら1万円はするのでちょっぴりイタい出費になります。

また、今年はちょうどコロナ流行の時期と重なってしまい、コロナの影響によって収入が減った人にはいつもよりもイタい出費になるかと思います。

僕も自分名義の車(普通車)を保有しています。 

www.mikutalife.com

昨日、県より郵送で「自動車税の納付書」が届きました。

僕はこういう支払い関係はさっさと支払っておきたいタイプの人間なので、早速支払ってきました。

いつもならコンビニエンスストアで現金払いをしていましたが、今年はスマホ決済の”PayPay"で支払いができるとのことなので試しにやってみました。

そこで

・実際のPayPayでの支払い方法

・PayPayで払ってみた感想

について書きたいと思います。

 

◎ 自動車税をPayPayで払ってみました!

今回なぜPayPayで払ってみようかと思った理由としては

★ わざわざ支払いに行かなくて良い

★ 金額の還元がある

ということがポイントでした!

PayPayは金額さえチャージされていれば、請求書を読み取るだけで支払いが完了します。

今の外出自粛要請の中わざわざ店に行かなくて良いというのもメリットです。

実際の手順としては

① PayPayのアプリのホーム画面の「請求書払い」を選択

f:id:mikuta0904:20200507174419j:plain

② 「請求書を読み取る」とあるので選択

③ 自動車税納付書の左下にバーコードがあるのでそれを読み取る

 ※結構カメラをバーコードに近づけたほうが良さそうです

④ 読み取りが出来たら「支払う」ボタンを選択

⑤ 支払い完了!

f:id:mikuta0904:20200507174641j:plain

僕の場合は今年新車を購入したので若干安くなっています。

また、今回の還元率は0.5%なので125円還ってきます!

微々たる金額ですが無いよりはマシかなと思います。

支払い自体はチャージさえすればすぐに済みます。

 

◎ PayPayでの支払い時の注意点

① 領収書と納税証明書が発行されない

 通常レジで支払いをすれば支払い済の印鑑を押してくれます。

そこで渡されるのが領収書と納税証明書です。

特に納税証明書車検の時に必要になる大事な証明書です!

けれど。実際は納税証明書が無くてもお店でオンラインで納税済みか確認できるようです。

個人的には車検のある年には納税証明書をもらうためにお店で支払ったほうが良いかなと思いました。

今回同封されていた案内にも

「納税後すぐに車検を受ける場合は、金融機関またはコンビニエンスストアでご納付ください」

と書かれています。

 

② 支払いができない請求書もあります

 このPayPayでの請求書払い機能ですが、未対応の県もあるので注意が必要です!

特に確認する前に先に入金してしまったら、出来なかったときにチャージしたお金を引き出せないので事前チェックが必要です。

支払う請求書がPayPay払いに対応しているかどうかは、先程説明した請求書払いの手順を同じようにやってみてください。

バーコード読み取りの際に、バーコードの読み取りができない・エラーメッセージがでればその請求書はまだPayPay払いに対応していないということです。

 

◎ 実際にPayPayで支払ってみた感想

PayPayはお金を持たずにスマホだけで支払いが完了し、その上お店によってはいくらか金額が還元されるという大変お得な機能になっています。

しかし、今回のような

税金関係の際は無理して使わなくてよい

かなと感じました。

やはり、領収書・納税証明書が発行されないのがネックです。

今の電子化の時代にはわざわざ証明書を取っておく必要がないかもしれませんが、やはり重要な書類・証明書は紙ベースで保管しておきたいです。

また、還元率も0.5%なので、微々たる金額にしかなりません。

調べるとPayPayで公共料金の支払いも可能になっています。

PayPayを使って払うか・従来通りの支払い方法でするかは、その人のライフスタイルに合わせて使い分ければよいかと思います。