みく太LIFE

日々の感じたこと・経験したことを発信しています

人気絶景スポット「角島」へは”夜明け前”がオススメ!

今週のお題「カメラロールから1枚」

f:id:mikuta0904:20200819100024j:plain

日本有数の絶景スポット「角島大橋」についてです!

こんにちは!

本日は旅好きの僕が過去に行ってとても印象に残っている

山口県にある

「角島大橋(つのしまおおはし)」

について紹介します。

日本有数の絶景スポットとして有名な場所なので、多くの人が訪れたことがあるかもしれません。

しかし、夜明け前(早朝)に訪れるとものすごく綺麗なんです!

実際に夜明け前に角島大橋に行った感想と、その際に撮影した写真を紹介します!

 

① 「角島大橋」について

 角島大橋は山口県下関市にある「角島(つのしま)」と本州を結ぶ橋の名称になります。

数年前に映画やCMで起用され、それがSNS上で話題になり日本屈指の絶景スポットとして有名になりました。

ネットで角島大橋の画像を検索すると、1本にスーッと伸びた橋の周りは

コバルトブルー色の海

が広がっており、絶景と呼ばれるのも納得できるほどの美しさです。

 

② なぜ”夜明け前”も時間帯に行ったのか?

 ちょうど角島大橋が話題になった時期にもちろん旅好きとしては行かねば!と思い、友人と計画をして行くことにしました!

その時に考えたのは

「日中に角島大橋に行く人が多いけど、夜明け前も絶対綺麗なはず」

と思いました。

僕はもともと夜中~夜明け前の時間が大好きです。

皆が寝静まり、辺りも暗く音もない中次第に空が明るくなっていく「非日常感」が魅力に感じます。

なので、夜中の2時に友人と合流して福岡県から出発しました。

 

③ いよいよ角島大橋へ到着です

 福岡県を出発して高速道路を使い、山口県に入りました。

関門海峡を渡り、下関市に入りそこからは一般道を使い目的地の角島大橋へ向かいます。

下関から角島は約1時間30分くらいの所要時間です。

当然ですが、夜中なので辺りは真っ暗です。

また、角島までは海沿いの道を走りますが全く見えず暗闇をひたすら走りました。

休憩を挟みながらAM4:00すぎに目的地の「角島大橋」に到着しました。

角島大橋のそばには展望台駐車場があります。

この日は平日というのもあり他に車も人もおらず、貸し切り状態でした!

 

④ やはり”夜明け前”の角島は絶景でした!

 車を停めて展望台に上がると辺りはまだ暗いですが、絶景なのがわかりました!

しかも、他に車も人もいないので海の波の音だけが聴こえてきました。

そこから、角島大橋の写真スポットである上の道から1枚撮影しました。

それがコチラ 

f:id:mikuta0904:20200502171940j:plain

街灯の明かりが道なりを照らし奥に続いていく美しさが印象的でした。

この景色を見ながら波音を聴き物思いにふけるのは最高でした!

 

⑤ 角島大橋で朝を迎えました

 朝を迎えるまでにはまだ時間があったのでこの辺を散歩したりして時間をつぶしました。

それにしても本当に波音しか聞こえません。

でも、それが最高なんです!

そして、そうこうしているとやっと朝を迎えました。

f:id:mikuta0904:20200502172212j:plain

ちょうど車が通った時に撮影できました。

朝と言っても若干まだ明ける前でしたが、周りの景色も見え始め海も見渡す限りに広がっていました。

またしばらくするとやっと日が昇りいつも絶景写真で紹介されるあの状態になります。

 

日中の様子も絶景ですが、頑張って早起きして夜明け前に行くのも良いのではないでしょうか?

「非日常感」を味わいたい方にはオススメします!

 

 

宿泊代が35%お得になる”GoToトラベルキャンペーン”実施中です!